第12回 浜松医科大学 同窓会 学術奨励賞 受賞者及び受賞論文


受賞者を囲んで

深見真紀氏  (医学科第11期生)  国立成育医療センター  周産期病態研究部  室長
  尿道下裂責任遺伝子 CXorf 6の同定

  CXorf 6 is a causative gene for hypospadias.
   Nature Genetics 38(12):1369-1371, 2006.
杉本光繁氏  (大学院医学系研究科第23期生)    本学第1内科  助手
  チトクローム P450 2C19 遺伝子多型に応じたオメプラゾール単独,ファモチジン単独,併用静脈内投与による投与後48時間の酸分泌抑制効果

  Initial 48-hour acid inhibition by intravenous infusion of omeprazole, famotidine, or both in relation to cytochrome P450 2C19 genotype status.
Clinical Pharmacology & Therapeutics 80(5)539-548, 2006.
山本淳考氏  (医学科第17期生)    産業医科大学    脳神経外科  講師
  一重項酸素のモニタリングは,実験的悪性神経膠腫に対する治療において,光線力学的効果の予測に有用である。

  Monitoring or singlet oxygen is useful for predicting the photodynamic effects in the treatment for experimental glioma.
Clin Cancer Res 2006 12:7132-7139.