第9回 浜松医科大学 同窓会 学術奨励賞 受賞者及び受賞論文


受賞者を囲んで  2004.11.15

  
加藤明彦氏  (医学科第6期生)県立静岡がんセンター 腎・内分泌代謝科部長
維持血液透析患者の長期生命予後に対する頚動脈硬化病変の影響

Impact of Carotid Atherosclerosis on Long-Term Mortality in Chronic Hemodialysis Patients.
Kidney International, Vol.64(2003),pp1472-1479
北山康彦氏  (医学科第8期生)    静岡済生会病院 臨床検査科病理科長
非ランダムな染色体異数性による胃癌の予後の予測: 胃癌51例の病理組織検体を用いたレトロスペクティブな研究

Nonrandom Chromosomal Numerical Abnormality Predicting Prognosis of Gastric Cancer: A Retrospective Study of 51 Cases Using Pathology Archives.
Laboratory Investigation Vol.83(2003), No.9,p1311-1320.
鈴木浩一氏  (医学科第9期生)    論文投稿時:米国バーナム研究所  本学第1外科所属
APPCR ( arbitrarily primed PCR ) 法によって評価されたゲノムのダメージの程度は胃癌の有用な予後因子である

The Genomic Damage Estimated by Arbitrarily Primed PCR DNA Fingerprinting is Useful for the Prognosis of Gastric Cancer.
Gastroenterology 2003;125:1330-1340.