第19回 浜松医科大学 同窓会 学術奨励賞 受賞者及び受賞論文



選考委員会委員長 小出幸夫氏(理事・副学長)講評
(五十音順)
乾  直輝 氏  (医学科第14期生)  本学  臨床薬理学講座  准教授    
Chronological effects of rifampicin discontinuation on cytochrome P450 activity in healthy Japanese volunteers, using the cocktail method.

(カクテル法を用いた、リファンピシン中止がチトクロム P450 酵素活性へ及ぼす経時的影響の検討)
  Clin Pharmacol Ther.  94:702-708, 2013.
岩城  孝行  氏 (医学科第17期生) 本学  薬理学講座  准教授 
  Life-threatening hemorrhage and prolonged wound healing are remarkable phenotypes manifested by complete PAI-1 deficiency in humans.

  (生命維持における危機的出血傾向と創傷遅延はヒトにおける PAI-1 欠損症の特筆すべき表現型である)   
J Thromb Haemost. 9: 1200-1206, 2011
森田  剛文 氏 (医学科第23期生) 本学  第二外科  診療助教
  Lysophosphatidylcholine acyltransferase 1 altered phospholipid composition and regulated hepatoma progression.

(リン脂質リモデリング酵素 LPCAT1 は肝細胞癌の進展に寄与する)
  
J of Hepatology, 59:292-299, 2013