第15回 浜松医科大学 同窓会 学術奨励賞 受賞者及び受賞論文



選考委員会委員長(小出幸夫)講評
(五十音順)
川田一仁氏  (医学科第20期生)  本学第二内科  医員   
  原発性胆汁性肝硬変症においてウルソデオキシコール酸は肝 Nrf2を活性化する

  Enhanced hepatic Nrf2 activation after ursodeoxycholic acid treatment in patients with primary biliary cirrhosis.  Antioxid Redox Signal. Aug 1;13(3):259-68
早乙女雅夫氏  (医学科16期生)    本学第三内科 助教 
  ミトコンドリア RhoGTPase の Miro は Ca2+  依存性のミトコンドリア動態を双方向性に制御する

  Bidirectional Ca2+dependent control of mitochondrial dynamics by the mitochondrial RhoGTPase, Miro.  PNAS USA, 105:20728-33,2008
杉本健氏  (医学科第14期生)    本学内科学第一講座    助教
  IL-22 はマウス潰瘍性大腸炎モデルの大腸炎を改善させる

  IL-22 ameliorates intestinal inflammation in a mouse model of ulcerative colitis.  Journal of Clinical Investigation 118:534-544,2008
藤澤朋幸氏  (医学科第18期生)    本学検査部  助教
  IL-1βとIL-17Aによる気道におけるMUC5AC 発現の制御機構;NF-κB パラダイム

  Regulation of airway MUC5AC expression by IL-1β and IL-17A; the NF-κB paradigm.  Journal of Immunology 183(10):6236-43,2009